フォト
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月20日 (土)

オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・2日目)。

 

「オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・1日目)」から続く>>>

2018年10月13~14日、西国立「こまくさ」の店主=橋本良春氏を応援するためにオーレン小屋に行ってきました。

メンバーは企画まさとし(上ミノ)・きゅーぴー・かじゅまる・私、の4名です。

今日は「2日目」の日記を書きます。

=====================================

2019年10月14日(日)、3時頃トイレに起きます。
カイコ棚の2階からのハシゴが下りにくくて慎重に下ります。

またハシゴを登って布団にもぐりこみ、少しはウトウトしたようです。

4:36頃目覚めてあれやこれやといろんなことを考えるうちにみんなも起きてきて、4:56起き上がる。

5:00、朝食。

35_large ←オーレン小屋の朝食。この時点ではストーブが戻ってきてました。かじゅまる撮影。

33_large_20190719212101 ←朝食後に小屋のコーヒーを注文して飲みます。旅先での朝コーヒーはまさに「至福のひと時」です。かじゅまる撮影。

32_large_20190719212301 30_large 29_large_20190719212701 ←3枚、かじゅまる撮影。

Dscn0840

Dscn0841 ←オーレン小屋食堂の窓越しに見た外の様子。

Dscn0842 Dscn0843 ←なぜか立ち上がってポーズをとるかじゅまる氏。

部屋に戻り出発の準備。

ザックを持って小屋の玄関に出てみると、橋本さん(はっしー)が出発する皆さんをお見送りしていました。

Dscn0844 Dscn0845 ←はっしーと小屋前で記念撮影。

Dscn0846 Dscn0847 ←はっしーのオカリナに見送られて小屋をあとにします。曲は「エーデルワイス」でした。

7:46、出発。

Dscn0848 Dscn0849 ←登山道の補修は全てオーレン小屋のスタッフが行っています。

Dscn0850 ←小屋の電力は台風などで増水した時以外は水力発電でまかなっているそうです。

Dscn0851 ←夏から秋にかけて豪雨・台風が続きました。まだその爪痕が残っています。

8:23、夏沢鉱泉に到着。小休止。

Dscn0852 Dscn0853 ←まさとし(上ミノ)に限らず、今回参加のメンバーは皆このTシャツの文言「山が好き 酒が好き」がピッタリです。

Dscn0854 Dscn0855 ←今回は紅葉の見ごろには少し早かったようです。

Dscn0856

9:00、かじゅまる号が置いてある桜平の駐車場に到着。
「山旅」としてはこれでほぼ終わりな訳ですが、この日はここからがかなり面白い一日だったので続きを書かせていただきます。

かじゅまる号で東京(あるいは神奈川)まで戻るのですが、まず温泉に入りたい・・・。
ここは私たけぱぱの提案で「上諏訪の片倉館に行こう!」ということで話がまとまりました。

Dscn0857 Dscn0858 ←映画「テルマエ・ロマエⅡ」のロケも行われた片倉館。深さ1.1mの「千人風呂」は何度来ても味わい深いです。足元も玉砂利。

151_large ←風呂上りに片倉館の屋上に行ってみました。ここからの諏訪湖の一望は見る価値ありです。まさとし撮影。

240_large

238_large ←諏訪湖をバックに牛乳を飲むまさとし。

239_large ←近くにいたお兄さんにシャッターを押してもらいました。

20_large_20190719231601 ←2階の大休憩室。かじゅまる撮影。

さてさて昼飯はどこへ、となったときにまさとしが「かじゅまるさん、塩山の『菊亭』に行きませんか?」と・・・。
これもまた皆、大賛成です。
かじゅまる号は高速を飛ばし、塩山へ。

15_large ←「菊亭」。ここもはっしーに教えてもらったお店です。かじゅまる撮影。

19_large ←運転のかじゅまる氏に断って、まさとしと私は生ビールで乾杯。

18_large 17_large_20190719232401 ←2枚、かじゅまる撮影。塩山で何か食べるときはここが絶対おすすめです。

そして通常なら中央道で八王子あたりで解散となるのかと思いきや、渋滞を避けて青梅街道で帰ることに。
特に私は青梅が自宅なので大助かり。
まさとしときゅーぴーちゃんも青梅解散でいいとのこと。

ここでまさとし「それなら鴨沢の『かゑる』さんに寄っていきませんか?」
またまた「『かゑる』の伊藤さんに会っていこうよ」で全員一致。

14_large ←丹波山村鴨沢(雲取山の登山口)の「かゑる」店内。右端に伊藤さんの姿。かじゅまる撮影。

152_large ←昔、安達太良のくろがね小屋にいた伊藤さんの似顔絵。

9_large ←かじゅまるカメラにて。

227_large ←まさとしの故郷=二本松の千功成。

6_large ←玄関の戸を開けて「こんにちわー」と入ってきたおじさんの顔に見覚えがあります。雲取山荘の自称下足番のオヤジ=片岡さんでした。美味しそうに缶ビールを飲んでます。かじゅまる撮影。

片岡さんが話すには「雲取山荘の受付にいつもいる従業員のおやじがクマに遭ったんだってよ。やられたのかと思ったら助かってやがんの・・・」
あとで知ったことですが、ストックで戦ってクマを坂に落として、もう一度這い上がってきたところをまたストックで坂に落として助かったとのこと。

片岡さん「ところでさー、皆さん車で来てんの?もう一人乗せてくんねえか?そしたらお酒もう一杯飲めるんだよ」
かじゅまる「奥多摩駅まででいいですか。ならいいですよ」

7_large ←片岡さん、千功成を注文。美味しそうに飲んでました。かじゅまる撮影。

1_large ←「かゑる」前にて。かじゅまる撮影。

奥多摩駅で片岡さんを下ろして見送っている間に駅前の「バテレ」で生ビールを一杯。

そして青梅駅前で解散。
自宅には17時前に着きました。

なかなか内容の濃い一日ではありました。

 クリックしてくださると「やっと扇風機無しでは寝られないくらいの暑さになってきました。飲みすぎに注意。ビールが美味い季節。高尾山ビアマウントにも行かないと・・・。」 も喜びます。

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。  

2019年7月16日 (火)

浅草岳と守門岳へ、ヒメサユリを見に(速報)。

 

2019年7月12~14日、2泊3日で浅草岳・守門岳に登ってきました。

メンバーは、企画のサコー岳園長・のりりん・なご太郎・私の4名です。

12日(金)は高崎駅に11時に集合。
サコー岳園長運転のレンタカーで群馬県内の、吹割の滝・日本酒の酒蔵・道の駅など観光してから新潟県内へ。

40631211_2312958558_48large ←吹割の滝にて。のりりん撮影。

Img_1064337 ←誉國光(土田酒造)にて。

宿に入る前にコンビニに寄り、酒やつまみなど買い込みます。

133_large_20190716210901 ←18時少し前に音松荘(魚沼市大白川)に到着。

134_large_20190716211401 ←さっそく夕食。まずは乾杯。

風呂に入り、男子部屋で宴会を始めます。
たらふく飲んで23時ころ就寝。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

7月13日(土)、6時起床。
すぐ朝飯。

支度をしてサコー岳園長の運転で浅草岳登山口へ。

8:39、歩行開始。

Dscn0203 ←ヒメサユリ。生で見たのは初めてです。

Dscn0210 ←11:34、浅草岳山頂に到着。

Dscn0213 Dscn0214 ←山頂にて。「山川」ポーズ。

1時間半ほど頂上に滞在。
13:02、頂上をあとにします。

Dscn0224 ←ヒメサユリは見頃を過ぎていたかもしれませんが、ニッコウキスゲはまさに見頃でした。

Dscn0225 Dscn0232

Dscn0241 Dscn0242 ←下りにとったコースの方がヒメサユリをたくさん見れたかもしれません。

15:43、ネズモチ平の駐車場に戻りました。
今日の宿は音松荘近くにある浅草山荘なのですが、車はコンビニのある集落まで30キロ近くを走ります。

そしてコンビニで酒とつまみを仕入れ浅草山荘へ。
音松荘は「民宿」という感じのアットホームな宿でしたが、浅草山荘は国民宿舎でホテルのような作りでした。従業員はおそらく2~3人でまわしているような感じでした。

まず風呂に入り、それから夕食。

135_large ←浅草山荘の食堂にて。

そして食後は男子部屋にて宴会。
たらふく飲みましてたぶん23時頃就寝。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

7月14日(日)、5時くらいに一度目覚めましたが完全に二日酔いです。
5:30の朝食まで布団をかぶりウダウダゴロゴロ。

136_large ←浅草山荘の朝食。

車は保久礼登山口に7:25に到着。

Dscn0253 ←7:31、歩行開始。

Dscn0254 ←保久礼避難小屋。

Dscn0259_20190716223301 ←登り始めはしばらく階段と泥んこ道が続きます。

Dscn0261 Dscn0262 ←8:17、キビタキ清水。ここで冷たくておいしい水を汲んでいきます。

Dscn0266 ←梅雨空です。すでに雲海の上です。

Dscn0268 ←今日もヒメサユリに会えました。

Dscn0270 ←9:55、大岳到着。エネルギー補給、小休止。

Dscn0271 ←今回の山行ではこの大岳付近が一番ヒメサユリを見ることができたポイントでした。

Dscn0272 ←タニウツギ。

Dscn0273 ←ニッコウキスゲもこのあたりにたくさん咲いていました。

Dscn0276 ←守門岳の頂上が見えます。

Dscn0278

Dscn0279 ←大岳を下ります。グングン下ります。

大岳を下り、登り返す道がほぼ藪漕ぎで今回の山行で一番キツかったような気がします。

Dscn0281

Dscn0282 ←この子達が一番色が濃かった。

Dscn0285

Dscn0287 ←11:青雲岳。ここで昼飯。

Dscn0288 ←青雲岳から見た守門岳。

少し雨に降られましたが、間もなく止みます。

Dscn0294 ←12:15、守門岳頂上に到着。

Dscn0292 Dscn0293 ←守門岳でも「山川」。

12:29、守門岳をあとにします。

Dscn0301 ←下りもヒメサユリに癒されます。

しかし長かった・・・。

Dscn0305 ←泥んこ道と階段の下り。

15:39、登山口に戻ってきました。

温泉に向かっているうちに土砂降りに・・・。
下山してからでよかったです。

神湯温泉で汗と泥を流しサッパリし、高崎へ車で戻ります。

レンタカーを返したら高崎駅前のビル5階にあるサイゼリヤで反省会。

184_large ←安くておいいしいサイゼリヤ。中でもこのマグナムボトルが1000円ちょっとなのには感動しました。

ちょっと贅沢して高崎線のグリーン車で反省会の続き。

青梅の家に帰ったのは23時頃。
ほどよい疲れと酔いでバタンQ。

本編もちゃんと書きますのでいつになるかわかりませんがお楽しみに・・・。

 クリックしてくださると「7月24日、北海道へ出発します。登山の無事をお祈りください。(ちょりさん風)」 も喜びます。

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。 

2019年7月10日 (水)

オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・1日目)。

 

2018年10月13~14日、西国立「こまくさ」の店主=橋本良春氏を応援するためにオーレン小屋に行ってきました。

メンバーは企画まさとし(上ミノ)・きゅーぴー・かじゅまる・私、の4名です。

今日は「1日目」の日記を書きます。

=====================================

2018年10月13日(土)、3:30頃起床。

ネットをチェックしながらパッキングをしました。
時間には余裕があったはずですが、一つ忘れものをしてしまいました・・・。

青梅駅前のコンビニに寄り、おにぎりとお茶を買い、電車内で軽めの朝食とします。

忘れ物は青梅5:01発の電車に乗ってから気が付きました。
歯ブラシを忘れました。

立川で一度改札を出て、コンビニで歯磨きセット(ビニールの筒状の袋の中に歯ブラシと歯磨き粉が入ってチャックで開け閉めするやつ)を買い、松本行電車で9:23に茅野駅に到着。
改札近くにすでにまさとしときゅーぴーちゃんの顔が見えました。

南口のタクシー乗り場に行き、タクシーに乗り込みます。

運転するのは半沢さんという年配男性。
いろいろな人生を送られてきたようで、ゴルフ場の支配人の話が最も印象に残っています。

10:20頃、桜平でタクシーを降り、10:25頃歩行開始。

少し登っていくと、上の駐車場で仮眠していたというかじゅまると合流。

148_large ←ここからは4人で歩きます。かじゅまるカメラにて。

というような写真を4人で歩き出す前に撮っていたら、小屋のスタッフのと思われる車から見たことのある方が現れました。

145_large ←本日の主役=橋本良春氏。西国立の居酒屋「こまくさ」の店主でもあります。144_large ←写真は2枚ともかじゅまる撮影。

153_large_20190709201601 ←まさとし撮影。

橋本氏(ここからは「はっしー」で)はさらに先まで車で登っていくようです。

Dscn0789 ←4人でゆくりと歩きます。

140_large ←10:52、夏沢鉱泉着。かじゅまる撮影。

夏沢鉱泉にて小休止。

Dscn0790 Dscn0791 Dscn0792

Dscn0793 ←豪雨・台風が続き、オーレン小屋にも影響が出たようですが、今は小屋の水も問題ないとのことです。前々日に西国立「こまくさ」ではっしーからいただいた情報です。

Dscn0794 ←11:35頃、オーレン小屋に到着。

130_large 133_large 134_large ←小屋前では甘酒をふるまっていました。3枚、かじゅまる撮影。

155_large-1 ←ハッシーの向かって右隣はピアノの酒井和恵さん。まさとし撮影。

チェックインをまさとしがしてくれますが、ここで私が金をおろしてこなかったことが発覚。
(朝コンビニに寄ったのに・・・)
きゅーぴーちゃんにお金を借りてなんとか払うことができました。

(前日のチェックリストに「金」って書くようにします・・・)

午前中に着いてしまい、天気もそれほど良くないので誰も「歩きに行こう」とは言いだしません。
つまりやることはお酒を飲むことくらいしかありません。
しかし、しかしです。
「日本酒飲み放題」とのことだったのでほとんど酒を持ってきてません。
かじゅまるがビールを何本か持ってきているくらい。

129_large ←「紅葉と地酒祭り」の会場(食堂つまり普段ならストーブがある大部屋)には何本もの日本酒が並んでいますが、まだ飲むことはできません。かじゅまる撮影。

126_large 125_large 124_large ←この部屋でお菓子など食べながらビールを飲み始めましたが、ストーブがないので寒くて盛り上がりません。3枚、かじゅまるカメラにて。

そこで隣の小部屋に移動。
隣の部屋には小さなストーブがありましたが、燃料切れなのかすぐ消えてしまいます。
小屋のスタッフに頼んでも忙しいようでなかなか温まりません。
ダウンを着て日本酒なども買ってきてちびちびと飲みますが、震えながらではちっとも盛り上がりません。

寒いので風呂に行くことにします。
かじゅまると風呂へ行き、ザブンと湯船に遣っただけでしたが、体は温まりました。

カイコ棚の2階の布団にもぐり、少々仮眠。
小屋の外ではギターと演歌が聞こえています。

17:00。
食事の時間ということで、ストーブのない大部屋に集合。
「はっしー応援団」ということで橋本・酒井・たまちゃん(演歌の人)と一緒の最前部の席が用意されていました。

122_large ←かじゅまる撮影。

118_large 117_large_20190709223401 ←2枚、かじゅまる撮影。

Dscn0796

Dscn0797 ←日本酒も何本かはテーブルに置いてありますが、人気のお酒はあとから出てくる様子。

私はそれほど食べるものにはこだわりがありません。
量もそれほど食べません。

美味しいお酒をいただきながらはっしーの応援ができればそれでいい。
しかしあれほど並んでいた日本酒がなかなか回ってきません。

Dscn0798 Dscn0799 Dscn0800 Dscn0801 ←19:00頃からはっしーの歌が始まりました。

95_large_20190710222601 97_large_20190710222601 ←「坊がつる賛歌」の時のために持ってきた手拭い。作詞者の一人である草野一人氏は我々の山仲間=あさこの義理のお父さんであります。2枚、かじゅまる撮影。

Dscn0802 Dscn0803 Dscn0804

Dscn0805 ←食堂兼大広間。ストーブが外されてます。隣の部屋にもテーブルを並べ、100名くらいのお客さんが橋本さんの歌を聴いています。

88_large_20190710223401 ←かじゅまる撮影。

Dscn0806 Dscn0807

Dscn0808 Dscn0809 ←オカリナは本来酒井さんの時間ですが、出演したい親子がいたのでほとんど出番を譲っていました。

83_large ←かじゅまる撮影。

Dscn0810 ←かじゅまるが持っているのははっしーのカメラ。橋本さんを撮ってくれと託されました。

Dscn0811 Dscn0812 Dscn0813 Dscn0814

Dscn0815 ←そして演歌の先生=たまちゃんの出番です。しみじみと演歌を歌います。

Dscn0816 Dscn0817 Dscn0818

Dscn0819 ←ややっ、まさとしとかじゅまるの間に謎の美女が・・・。

Dscn0820 ←こうなるとほとんど「盗撮状態」ですな。

Dscn0821 ←はっしーへの声援でのどが渇きます。このときの状態は、「日本酒よりも冷たいビールが飲みたいおじさん」が向かって右の人です。

Dscn0825 Dscn0826 Dscn0827 Dscn0828 Dscn0829 Dscn0831 Dscn0832 Dscn0833
Dscn0834

ここで「サプライズ告白」があったようで、会場は盛り上がっていましたが、「はっしー応援隊」の私たちはドッチラケ・・・。

Dscn0835 Dscn0836 Dscn0837

Dscn0838 Dscn0839 ←告白した彼氏と告白された彼女が写っています。お幸せに。

さーてそろそろお祭りもお開きなのですが、我ら4人とも飲み足りません。
冷たいビールを買って星空を仰ぎながら(本当に星空だったかは定かではありません)、小屋の外で飲みましたが、「消灯の時間ですので小屋にお入りください」ということでベッドに戻る。

ベッドと言ってもカイコ棚の2階の一画。

154_large ←こんな感じです。まさとし撮影。

21時消灯でしたが、酔いも醒めてきてかじゅまるとあれやこれや22:30頃までヒソヒソ話をしていたことであります。

「オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・2日目)。」へ続く>>>

 クリックしてくださると「これからは心を入れ替えてブログ更新スピードアップします。と、夜中につぶやいてみる・・・。」 も喜びます。

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。  

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31