フォト
無料ブログはココログ

« オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・1日目)。 | トップページ | オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・2日目)。 »

2019年7月16日 (火)

浅草岳と守門岳へ、ヒメサユリを見に(速報)。

 

2019年7月12~14日、2泊3日で浅草岳・守門岳に登ってきました。

メンバーは、企画のサコー岳園長・のりりん・なご太郎・私の4名です。

12日(金)は高崎駅に11時に集合。
サコー岳園長運転のレンタカーで群馬県内の、吹割の滝・日本酒の酒蔵・道の駅など観光してから新潟県内へ。

40631211_2312958558_48large ←吹割の滝にて。のりりん撮影。

Img_1064337 ←誉國光(土田酒造)にて。

宿に入る前にコンビニに寄り、酒やつまみなど買い込みます。

133_large_20190716210901 ←18時少し前に音松荘(魚沼市大白川)に到着。

134_large_20190716211401 ←さっそく夕食。まずは乾杯。

風呂に入り、男子部屋で宴会を始めます。
たらふく飲んで23時ころ就寝。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

7月13日(土)、6時起床。
すぐ朝飯。

支度をしてサコー岳園長の運転で浅草岳登山口へ。

8:39、歩行開始。

Dscn0203 ←ヒメサユリ。生で見たのは初めてです。

Dscn0210 ←11:34、浅草岳山頂に到着。

Dscn0213 Dscn0214 ←山頂にて。「山川」ポーズ。

1時間半ほど頂上に滞在。
13:02、頂上をあとにします。

Dscn0224 ←ヒメサユリは見頃を過ぎていたかもしれませんが、ニッコウキスゲはまさに見頃でした。

Dscn0225 Dscn0232

Dscn0241 Dscn0242 ←下りにとったコースの方がヒメサユリをたくさん見れたかもしれません。

15:43、ネズモチ平の駐車場に戻りました。
今日の宿は音松荘近くにある浅草山荘なのですが、車はコンビニのある集落まで30キロ近くを走ります。

そしてコンビニで酒とつまみを仕入れ浅草山荘へ。
音松荘は「民宿」という感じのアットホームな宿でしたが、浅草山荘は国民宿舎でホテルのような作りでした。従業員はおそらく2~3人でまわしているような感じでした。

まず風呂に入り、それから夕食。

135_large ←浅草山荘の食堂にて。

そして食後は男子部屋にて宴会。
たらふく飲みましてたぶん23時頃就寝。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

7月14日(日)、5時くらいに一度目覚めましたが完全に二日酔いです。
5:30の朝食まで布団をかぶりウダウダゴロゴロ。

136_large ←浅草山荘の朝食。

車は保久礼登山口に7:25に到着。

Dscn0253 ←7:31、歩行開始。

Dscn0254 ←保久礼避難小屋。

Dscn0259_20190716223301 ←登り始めはしばらく階段と泥んこ道が続きます。

Dscn0261 Dscn0262 ←8:17、キビタキ清水。ここで冷たくておいしい水を汲んでいきます。

Dscn0266 ←梅雨空です。すでに雲海の上です。

Dscn0268 ←今日もヒメサユリに会えました。

Dscn0270 ←9:55、大岳到着。エネルギー補給、小休止。

Dscn0271 ←今回の山行ではこの大岳付近が一番ヒメサユリを見ることができたポイントでした。

Dscn0272 ←タニウツギ。

Dscn0273 ←ニッコウキスゲもこのあたりにたくさん咲いていました。

Dscn0276 ←守門岳の頂上が見えます。

Dscn0278

Dscn0279 ←大岳を下ります。グングン下ります。

大岳を下り、登り返す道がほぼ藪漕ぎで今回の山行で一番キツかったような気がします。

Dscn0281

Dscn0282 ←この子達が一番色が濃かった。

Dscn0285

Dscn0287 ←11:青雲岳。ここで昼飯。

Dscn0288 ←青雲岳から見た守門岳。

少し雨に降られましたが、間もなく止みます。

Dscn0294 ←12:15、守門岳頂上に到着。

Dscn0292 Dscn0293 ←守門岳でも「山川」。

12:29、守門岳をあとにします。

Dscn0301 ←下りもヒメサユリに癒されます。

しかし長かった・・・。

Dscn0305 ←泥んこ道と階段の下り。

15:39、登山口に戻ってきました。

温泉に向かっているうちに土砂降りに・・・。
下山してからでよかったです。

神湯温泉で汗と泥を流しサッパリし、高崎へ車で戻ります。

レンタカーを返したら高崎駅前のビル5階にあるサイゼリヤで反省会。

184_large ←安くておいいしいサイゼリヤ。中でもこのマグナムボトルが1000円ちょっとなのには感動しました。

ちょっと贅沢して高崎線のグリーン車で反省会の続き。

青梅の家に帰ったのは23時頃。
ほどよい疲れと酔いでバタンQ。

本編もちゃんと書きますのでいつになるかわかりませんがお楽しみに・・・。

 クリックしてくださると「7月24日、北海道へ出発します。登山の無事をお祈りください。(ちょりさん風)」 も喜びます。

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。 

« オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・1日目)。 | トップページ | オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・2日目)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・1日目)。 | トップページ | オーレン小屋へ(橋本良春氏を応援に・2日目)。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30