フォト
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月18日 (水)

屋久島へ、2018年11月(本編・4日目)。

「屋久島へ、2018年11月(本編・3日目)。」から続く>>>

2018年11月6~9日、屋久島に行ってきました。

今回の宮之浦岳登頂で我らがサコー岳園長、日本百名山完登です。

今回で屋久島は7回目。
宮之浦岳に登るのは6回目となります。

(サコー岳園長は初屋久島)

前回=6回目(2013年11月)の詳しい様子は是非コチラを>>>


今日は「4日目」の日記を書きます。

=====================================

2018年11月9日(金)、6時頃起床。
旅先で朝、布団の中でケータイをポチポチいじるのは何故か楽しいです。
SNSなどで旅先の投稿に反応があるかなどチェック。
山小屋泊りの時は電波が通じなかったので、下界の朝の一通りのポイントサイトチェック。

サコー岳園長も起きだしたようなので荷物の整理・パッキングをします。
レンタカーのお迎えは8:30(サコー岳園長が予約してくれました)。
時間があります。

談話室に行ってカップ麺の朝食。
昨夜も利用させてもらいましたが、台所の食器や電磁調理器などは自由に使っていいのです。
もちろん使い終わったら片づけます。

239_large_20190916184501 ←談話室の外にテラスがあります。そこでカップ麺をいただきました。

談話室にはコーヒー・紅茶・緑茶・カップ麺・洗剤などが置いてあって、勝手にお金を入れて使っていいようになっています。

241_large ←港からの風にあたりながらのモーニングコーヒー。まさに「至福のひと時」。

242_large ←サコー岳園長もコーヒーを飲みながらケータイチェック。

8:30が近づいてレンタカー会社の方がお迎えに来てくれました。

243_large ←私は免許も持ってないほどの車オンチなので、レンカーの手続きも運転も全てサコー岳園長にお任せ。その代わり、ではないですが屋久島観光案内は私にお任せください。

ということで、まず向かったのは時計回りバスの終点にある「大川(おおこ)の滝」。
宮之浦からは1時間ちょっと車を走らせたところにあります。

サコー岳園長は午後遅い飛行機の便で鹿児島経由で帰るのですが、私はマイレージ使用のため、一足お先に12:05屋久島発鹿児島行の便で帰ります。
屋久島南部観光に時間の許す限り付き合ってくださる(連れてってくれる)ということなのでお言葉に甘えました。

244_large ←大川の滝に対面できて満足な人です。

245_large ←落差88m。大川の滝。246_large 152_large_20190916191601 153_large_20190916191601 154_large_20190916191601 155_large 156_large 157_large

次に向かったのは栗生のメヒルギ群落。
マングローブの一種が屋久島で唯一見られる場所です。

標識が小さいので少し迷いましたが、なんとかたどり着けました。

247_large ←干潮の最たる時に来るとメヒルギが海に浸かってない写真になってしまうのですが、なんとかいい写真が撮れました。天気もいいです。248_large 158_large

次は中間(なかま)集落にある「がじゅまる」。

249_large ←NHKの朝ドラ「まんてん」のロケにも使われました。ゴルゴ松本が経営する「トロピカル村」の入口がこのガジュマルの樹でした。

250_large ←「ガジュマル」の「ガ」のテンを隠して「かじゅまる」と言いたいわけです。昨日の「なごの松原」と同じ発想です。

251_large 159_large 160_large

次に向かうのは「平内海中温泉」。
満潮時は完全に海に没してしまうので、一日2回の干潮の前後2時間くらいしか入れないというワイルドな天然温泉です。

161_large

162_large ←女性は湯あみ着を着て入らなければなりません。男性はタオルで前さえ隠せばOK。水着はNGです。

163_large ←韓国系か中国系か、男性2人が入っていて、近づいて「写真撮っていいか」聞くと「NO!」と言われました。

164_large 165_large ←島の南部の象徴とも言っていいと思います。モッチョム岳の頂上がチラッと見えました。2回ほど登ったことがありますが、「頂上からは黒潮の流れるのが見えます」と言った人がいます。それが大げさでないくらい素晴らしい眺めです。

モッチョム岳の麓、今回の旅の初日にお世話になった「ぽん・たん館」に車を停め、「トローキの滝」を見に行きます。

252_large ←トローキの滝は海に直接流れ落ちます。

253_large 254_large 255_large

166_large ←ふと足元を見るとサキシマフヨウが咲いていました。

167_large 168_large

11時を回り、そろそろ空港に向かわねばなりません。
まだ営業してないと思うけど、友人の経営するジェラート屋さん「そらうみ」に行ってみます。

256_large ←13時から営業となってます。ひょっとしたら仕込み・準備などで誰かいるかも・・・。

裏口の方に回ってドアをノックしてみます。
しばらくしてドアが開きました。
店主の毛利さんが出てきてくれました。

257_large 258_large ←毛利氏と2ショット。

2013年に屋久島に来た時にはまだジェラート屋さんは計画の段階でした。
その時には毛利夫妻とたまたま仕事で来ていた山の友人と我々3名(まさとし・ふかちん・私)、計6名でイタリアンレストラン「イルマーレ」で美味しい料理とワインをいただきました。
翌朝、平内海中温泉に行って毛利氏と一緒に我々3名も温泉に入りましたっけ。

ジェラートは食べられませんでしたが、5年ぶりに毛利氏とお会いできて大満足。

11:35頃、空港で下ろしていただきました。
あとで聞いた話ですが、サコー岳園長はこのあと永田浜や西部林道へも行ったそうです。

すぐチェックインしゲートをくぐり出発を待ちますが、一向に乗るはずの機材がやってきません。

結局出発は50分遅れ・・・。
出発の前に「鹿児島~羽田便がこのあと満席状態が続くので、予約の便に間に合わなかった場合、キャンセル待ちになる可能性もあります」とのアナウンス。

過去に2回、屋久島から出れなかったことがあります。
それに比べれば鹿児島までは行けるので、何の心配もしてませんが、西国立の「こまくさ」に寄ってから帰ろうと思ってますので、あんまり遅くなっては困るなぁとは思いました。

鹿児島に着いてみると、私を含め多くの人が乗り継ぐはずだった羽田便の機材の横に屋久島からの飛行機を寄せて、40分ほど待たせてあった羽田便に急いで乗り込む手配になっていました。
鹿児島の空港の建物には歩いて(小走り)入り、すぐ脇の搭乗口から羽田便に乗るという素晴らしさ。
30名くらいが屋久島便から無事乗り換えた瞬間にドアが閉まり、40分遅れで羽田に向けて飛び立ちました。

羽田着15:40頃。
川崎まで京急。
川崎の100円ショップで買い物をして、南武線に乗ったのが16:45。
終点立川の一つ手前、西国立で降りて「こまくさ」に寄ります。

259_large ←いつもまず瓶ビールを頼みます。突き出しは黙っても出てきます。

マスター(橋本良春氏)「屋久島からの帰りですか、お疲れのところすいません」
私「楽しかったです。全く疲れてません」

ビールの次に焼酎。黒霧島のボトルが入ってます。

260_large ←アジのタタキを頼んだらイカがおまけについてきました(いつもついてるわけではないです)。

2時間ほどで腰を上げ、帰宅の途につきます。

以上、2018年11月の屋久島のお話でした。
また行きたいです。
屋久島には宿題がたくさん残ってます。

 クリックしてくださると「楽しかった山行はやはりたくさん写真が残ってますね。そういう山行またしないとね、行くぞ、おぉ!」 も喜びます。   

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。 

2019年9月16日 (月)

屋久島へ、2018年11月(本編・3日目)。

「屋久島へ、2018年11月(本編・2日目)。」から続く>>>

2018年11月6~9日、屋久島に行ってきました。

今回の宮之浦岳登頂で我らがサコー岳園長、日本百名山完登です。

今回で屋久島は7回目。
宮之浦岳に登るのは6回目となります。

(サコー岳園長は初屋久島)

前回=6回目(2013年11月)の詳しい様子は是非コチラを>>>


今日は「3日目」の日記を書きます。

=====================================

2018年11月8日(木)、4:45頃起床。

まず外に出てトイレに行きます。
満天の星です。

そういえば昔NHKの朝ドラで「まんてん」というのがありましたっけ。

小屋に戻り、お湯を沸かします。
スパゲッティを茹でてカルボナーラの朝食。
なかなかまいうーです。

もう一度お湯を沸かし、コーヒーを飲みながらシュラフをたたみます。
避難小屋泊りの朝はいつもこんな感じです。

エアマットもたたみ終わってパッキング終了。
靴を履き、小屋入り口の三和土でサコー岳園長を待つ。

66_large_20190912102001 ←屋久島の小屋にはネズミがいます。過去には顔の上を通られたこともあります。まだ袋を開けていなかったお菓子をやられてしまったこともあります。今回は時に被害なし。

「白谷に出て14:15のバスに乗りましょう。明日は6時出発で」
と前日にお願いしておいたのだが、なかなか出発の準備が終わらないようで、小屋を出たのは6:27でした。

67_large ←縄文杉・ウィルソン株・白谷雲水峡を経由して白谷広場からバスに乗る予定です。

68_large_20190912105001 ←一晩お世話になった新高塚小屋。約60名収容。私は今回で4回目のお世話になりました。

69_large 70_large 71_large_20190912170101 72_large_20190912170601 ←「縄文杉まであと何キロ」の数字がすこしずつ減ってゆく。ワクワク感ドキドキ感は何度訪れても変わらない(縄文杉は今回6回目)。

陽が昇り、木々の上方に光が当たりだす。

73_large_20190912171801 ←内地で見る杉と違って枝が落とされていません。モデルはサコー岳園長。

74_large_20190912172801

75_large_20190912174201 ←これはまだ縄文杉ではありませんが、「もしや」と思わせるくらいの大きな杉が見れるようになってきました。「もののけの森」っぽくなってきました。
大きな杉には必ずヤマグルマ・ヒカゲツツジ・アセビなどが着生しています。

76_large ←7:31、高塚小屋。2013年に新しくなりました。

200089_266429946836713_243184927_n 977602_265952510217790_1593471485_o ←2枚、以前の高塚小屋の様子(屋久島高塚小屋改築プロジェクトFBより)。

鹿児島レモンガスの社長赤津慎太郎社長によって新しく建てられたので、「レモンガス小屋」などとも呼ばれています。
3階建ての3階にはバルコニーがついているという、おしゃれな設計になっています。
何と言っても以前の小屋と違って明るくてきれい。

77_large

78_large ←看板(標識?)だけは以前のまま。

79_large_20190912183801 ←小屋横には木床ののテラスが張り出していて、縄文杉ツアーで元気目のお客さんを連れたガイドさん・お客さんがここで昼食を摂ることもあるようです。縄文杉のまわりは飲食禁止ですし、ここには新しくなったトイレもありますので。

80_large_20190912185001 ←小屋の1階。左上に雑巾がぶら下がっていますので、感覚がつかめると思います。

81_large ←2階。ブレブレ写真すいません。

82_large

高塚小屋から縄文杉は200mほどです。

人の気配もありますが、なんとなく空気が違ってくるような感じがします。

まずは樹のまわりのデッキが見えて、そのデッキに登り、7:45頃縄文杉とご対面です。

217_large ←一説には樹齢7200年とも言われる縄文杉。その存在感は「屋久島の主」と言っていいと思います。

216_large ←サコー岳園長と縄文杉をバックに2ショット。朝早いので他には高塚小屋(テントかも)泊りらしい「ガイド男性&カップル客」しかいませんでした。
「日帰り縄文杉ツアー」だと撮影は順番待ちになるところです。

83_large_20190912195901 ←デッキで休憩していいとなれば、お昼はここが戦争状態になること間違いなしです。

84_large ←確かにドローン飛ばして近くで縄文杉を撮影してみたいですね。

高塚小屋の方から縄文杉に近づいていった場合、縄文杉に向かって左のデッキからお邪魔する状態になります。

85_large 86_large ←右にすこしずつ回り込んでいって縄文杉を撮影。

87_large_20190912204501

219_large ←縄文杉に向かって右のデッキから撮った写真です。

221_large ←先にデッキを下りてサコー岳園長を下から撮影。

88_large_20190912210201 89_large ←ウィルソン株の方から登ってくるとこんな感じの縄文杉が目に入るはずです。

デッキ下から縄文杉に別れを告げます。
名残惜しい山頂でも同じように「きっとまた来るよ」と一度振り返ることにしています。

90_large_20190912213601 ←縄文杉からの下りはこれから縄文杉を目指す登山者と何百人ものすれ違いとなります。人を観察するのも面白いですが、ここはやはり木をチェックしていきましょう。
スベスベの肌のヒメシャラの樹がなんといっても目立ちます。
ヒメシャラの最北限は伊豆半島や丹沢です。

91_large_20190913185401 ←屋久杉に着生した木が紅葉(黄葉)しています。

ガイド付きのとある団体さんとすれ違った時のことです。
ガイドさん「この岩の上から宮之浦岳の頂上が見えます」
と聞こえましたので、団体さんをやり過ごしてから岩の上に立ってみました。

92_large_20190913191701 ←アップで撮影。いや~それにしても天気のいいこと。

93_large_20190913192001 ←夫婦杉。二本の杉が手をつないでいるように見えます。

94_large_20190913192401 95_large_20190913192801 ←大王杉。登山道から近いので2枚に分割して撮影してみました。

96_large_20190913194701 ←もうすぐウィルソン株。ここも縄文杉に勝るとも劣らない重要ポイントです。ワクワク・ドキドキしてきます。

97_large_20190913200701 ←もう一か所、宮之浦岳の見えるポイントがありました。その左に栗生岳。翁岳の形は独特なのですぐわかります。

98_large_20190913200901 ←9:33、ウィルソン株。

ザックを適当な場所に置いて、まずウィルソン株の中に入ってみます。

株の中には20人ほど人がいて、「例の写真」を撮るためのガイドさんの解説が聞こえます。
「例の写真」を撮るための一番いい場所はそういうわけで順番待ち。

222_large 223_large 224_large 225_large 226_large ←5枚ほど撮りましたが、イマイチ満足できません。

227_large_20190913204701 ←ひとまず株の外へ出て、記念撮影。

少しエネルギー補給水補給などして、株内の混雑が収まったであろう頃を見計らって再度株の中へ。

100_large_20190915072801 ←株の中には水が流れ、祠が鎮座しています。

101_large_20190916094901 102_large_20190916095001 103_large_20190916095001 ←3枚目の写真に満足して、これでウィルソン株に別れを告げます。

104_large_20190916095301 ←ウィルソン株より愛を込めて。

105_large_20190916100201 106_large_20190916100201 ←2010年9月に折れてしまった翁杉。私は2007年と2008年にまだ堂々と立っていた翁杉を見たことがあります。
2010年の11月に来た時にはこのような姿になっていました・・・。

107_large ←トロッコ道が見えました。

108_large 109_large ←10:12、大株歩道入口に到着。ここには立派なトイレがあります。水場もあります。冷たい水を汲んでサコー岳園長にお茶の粉をいただき、ペットボトルに入れて水と混ぜると美味しいお茶の出来上がり。冷たいお茶が美味いです。

110_large_20190916101501 ←翁岳が見えます。

111_large ←サコー岳園長よ、いずこへ?そこは行き止まりです。

112_large_20190916102201 113_large ←仁王杉(阿形)。吽形の方は2000年の台風で倒れてしまったそうです。

114_large_20190916102401 115_large_20190916102401 ←トロッコ道を快調に歩くサコー岳園長。

116_large 117_large_20190916102801 ←三代杉。

118_large_20190916103001 ←トロッコ道を歩いてきましたが、レールは現役のものであり、トイレの維持管理や昔の切り株の輸送などに使われています。

119_large_20190916103201 ←バイオトイレ。「小杉谷山荘」跡地に建てられたものです。左のログハウス調の方は阪急交通の寄付とのこと。

120_large_20190916103701 ←11:32、楠川分れ。小休止。

121_large 122_large_20190916104101 123_large ←楠川分れでトロッコ道に別れを告げ、辻峠~白谷雲水峡を目指します。

124_large_20190916105401 125_large_20190916105401 126_large_20190916105501 127_large ←楠川歩道を歩くサコー岳園長。楠川歩道は江戸時代に薩摩藩が年貢の杉を運ばせるために整備した道です。

128_large ←辻の岩屋。

太鼓岩にも行って14:15のバスに乗るためには時間がギリギリになってきました。
汗が吹き出しますが、おじさん2名がんばって歩きます。

12:22、辻峠。
ザックを峠にデポして太鼓岩へと向かいます。
急な登り。
白谷雲水峡経由で太鼓岩ま来る人は年々増えているようで、渋滞しています。

12:33、太鼓岩に到着。

228_large 229_large ←太鼓岩にて。素晴らしい眺めです。宮之浦岳頂上が見えています。

230_large ←うっかり押したシャッター、という写真ですが太鼓岩の感じがよく出ています。

129_large_20190916111401 130_large_20190916111401 131_large 132_large 133_large_20190916111502 134_large_20190916111501 ←太鼓岩へ来たのは7回目。つまり屋久島に来たら白谷雲水峡と太鼓岩へは必ず訪れています。

辻峠に戻り小休止。
ゆっくりお昼を摂る時間はありません。
ドリンクゼリーやパンなどかじってエネルギー補給。

12:54、辻峠をあとにします。

135_large_20190916112101

136_large_20190916112101 137_large ←女神杉。女神にいろんな木が抱き着いちゃってる感じです。

138_large ←かみなりおんじ。

139_large 140_large_20190916114301 ←武家杉・公家杉。

141_large 142_large 143_large ←苔むす森。以前ここには「もののけ姫の森」という看板がありましたが、その看板を入れて撮影する人でこのあたりが混雑し、植物にかなり影響が出てしまいました。
「苔むす森」にしてからは少しずつ戻ってきてはいるようです。

144_large_20190916144201 ←七本杉。

145_large_20190916144501 ←シカの宿。

146_large 147_large ←楠川歩道というからには道は楠川の集落まで続いているのですが、今は白谷入口まで車道が通じバスも通れますので楠川の集落まで歩く人はほとんどいません。

148_large_20190916150301 149_large 150_large ←14:07、白谷広場に到着。

151_large_20190916150501 ←めでたく14:15のバスに間に合いました。

バスは宮之浦港まで行きますが、我々は「宮之浦」バス停で下車。
まず今夜の宿=宮之浦YH(ユースホステル)に行ってみることにします。

231_large ←玄関を入って声をかけてみますが、返事がありません。チェックインは16時からとのことなのでザックを置かせてもらい、宮之浦をぶらつくことにします。

時間帯さえ合えば環境文化村センターで大型スクリーンで見る「屋久島ー森と水のシンフォニー」にサコー岳園長をご案内しようと思っていました。
環境文化村センターに行ってみると時間はドンピシャ。
すぐ始まる回の10分くらい前でした。
ここはYHの会員証で割引がききます。

阿部寛のナレーションと奥岳の空撮シーンが何度見ても聞いてもいいですね~。

さて少しお腹がすきました。

サコー「まだお店は営業してないでしょうから、コンビニかスーパーでつまみ買って公園でビールでも飲みますか~」
私「賛成です。コンビニはありませんが島で一番大きいスーパーがあります。そこに行きましょう」

232_large ←スーパー「ヤクデン」で貝・イカ・缶ビールを買い、公園で「お疲れ様です。岳園長、百名山完登おめでとうございます」

233_large ←本当は「なごりの松原」です。ここの公園で一杯やりました。

YHに戻り、風呂で汗を流し着替えてさっぱりしたらYHの渡辺さんに教わった「とし食堂」で2度目の「お疲れ様会」。

234_large ←「とし食堂」は美味しかったのですが、ここで我々が満足するまで飲んでしまうと千円札が5~6枚は吹っ飛んでしまうので、またヤクデンに行って刺身を買い、YHの談話室で飲むことにしました。

YHの渡辺さん・奥様・他のホステラーなどともお話ししましたが、北海道から来たというまえだゆりなさんというホステラーさんが「ギターを担いできた」というので一緒に少し飲むことに。
そして「歌を聴いてもらえますか」というので、2曲ほど聴かせてもらうことになる。

235_large 236_large 237_large 238_large_20190916155501 ←まえだゆりな さん。

まえだゆりな HP ↓ ↓ ↓  

https://maedayurina.jimdo.com/

聴かせてもらったのは「my way」と「イマ」だったと思います。
CDを一枚買わせていただきました。

「サコーさんと私は明日車で少し観光する」と言ったら乗り気でしたが、やはり止めにしますということで残念・・・。

そんなこんなで夜は更けていくのでありました。

「屋久島へ、2018年11月(本編・4日目)」へ続く>>>

 クリックしてくださると「9月15日、高尾山ビアマウントに行ってきました。2次会で『多花美』にも行きました。飲んだ飲んだ。さて17日からはちゃんと働くぞ、おぉ!」 も喜びます。   

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。 

2019年9月 9日 (月)

屋久島へ、2018年11月(本編・2日目)。

「屋久島へ、2018年11月(本編・1日目)。」から続く>>>

2018年11月6~9日、屋久島に行ってきました。

今回の宮之浦岳登頂で我らがサコー岳園長、日本百名山完登となる予定です。

今回で屋久島は7回目。
宮之浦岳に登るのは6回目となります。

(サコー岳園長は初屋久島)

前回=6回目(2013年11月)の詳しい様子は是非コチラを>>>


今日は「2日目」の日記を書きます。

=====================================

2018年11月7日(水)、4時少し過ぎ起床。
完全に二日酔いです。

朦朧とした状態のまま、シュラフをたたみ、ザックに適当にパッキングをし、呼んであったタクシーに乗ろうとすると同部屋だったお兄さん(我々よりちょっと年下かな)が見送りに出てくれました。

宿の自販機でカップラーメンを買おうとしましたが、モタモタしているうちに買いそびれました。
まぁ、なんとかなるでしょう・・・。

4:50頃、タクシーで出発。
タクシーの中で居眠りしているうちにシャンとしてきました。

5:43頃、淀川登山口に到着。
タクシー代5830円也。

トイレを済ませ、靴紐を締めなおし、軽く準備体操をして6:07歩行開始。

1_large_20190828212001 ←まだ真っ暗な淀川登山口。

2_large ←登山口から宮之浦岳頂上まで約8kmです。

3_large

4_large ←6:51、淀川小屋。ここで朝飯にします。この頃には酒は抜けていたと思います、たぶん。

まず、川の方に行って水を汲みます。
いつもならナルゲンボトルを持っていって川に一掬いすれば充分なのですが、今回はタクシーの運転手さんが言っていた通り水が少なく、サコーさんにコップを借りて何回か掬わなければならないほどでした。

小屋の軒先を借りてお湯を沸かし、ラーメンを茹でます。
軒先には昨晩小屋に泊まった先客がいて、なんでも屋久島17回目で今回は七五岳に昨日行ってきたとのこと。
やはり屋久島には「呼ばれてしまう」ものなのでしょう。
昨晩の淀川小屋宿泊は2人だけだったそうな。

もう一度お湯を沸かし、コーヒーをいただきます。
旅先でのコーヒーは「至福のひと時」でありますが、屋久島でのコーヒーとなるとこれは「さらに至福のひと時」ではあります。

7:27、淀川小屋をあとにします。

5_large 6_large_20190829083201 ←橋の上から見た淀川。透明すぎて水が流れていないように見えますが、ほぼ川幅一杯に水があります。

7_large-1_20190829084001 ←本日宮之浦岳に登れば「日本百名山完登」となる予定のサコー岳園長。

8_large_20190902212801 9_large_20190902212901 ←コマ目に道標があります。「あと何キロ」という表示はありがたいです。元気が出ます。

206_large ←木々の間から高盤岳の「トーフ岩」が見えてきました。

207_large ←トーフ岩をアップで。何度見ても不思議な光景。「屋久島に来た~」という感慨が沸いてきます。

10_large

11_large_20190902214801 12_large ←またまたトーフ岩が見えたのでまたまた撮影。何度見ても興奮します。

13_large

14_large_20190902220001 ←9:00頃、眺めの良い展望台がありました。民宿で働いていると思われる女2・男1のパーティが休憩してました。確かにここはいい眺めで、「奥岳」と言われる海岸の集落から見えない山々が見えました。宮之浦岳はまだ見えません。

15_large_20190902221401 ←ちょうど太陽の方向で写真ではわかりづらいのですが、雲の下には海が見えています。

16_large_20190902222601 ←太忠岳。山頂には天柱石が鎮座します。

17_large_20190902223001 ←小花之江河。18_large_20190902223301 19_large_20190902223301

20_large_20190902223401

21_large_20190902223501 22_large_20190902223501 ←9:14、花之江河。ここでエネルギー補給。小休止。シカが出て来ないかと目をこらしますが、出てきてくれませんでした。

23_large

9:28、花之江河をあとにします。

24_large ←石塚小屋への分岐。8年前に石塚小屋に泊まったことがあります。

2010年11月の詳しい様子は是非コチラを>>>

25_large_20190902225701 ←違う角度からの花之江河。サコー岳園長のハンチングもバッチリ決まっています。

間もなく黒味岳への分岐(黒味分れ)。
黒味岳頂上まで登り30分下り20分と地図に書いてあります。

私「サコーさん、天気もいいし時間もあるし、空身で行ってきましょうか?」
サコー「はい、もちろん」

というわけで水とカメラだけ持って黒味岳へ。

26_large_20190902230401 ←黒味岳中腹から見下ろす高盤岳・トーフ岩。

208_large ←10:13、黒味岳頂上。真ん中が宮之浦岳・左が永田岳・右が翁岳。

27_large_20190902231201 ←山だけを撮影。左から永田・宮之浦・翁。

28_large_20190906213901

29_large_20190906214101 ←サコー岳園長、今からあそこに見える宮之浦岳の山頂にお連れいたします。

30_large_20190906215001 ←もう一度黒味岳頂上からの眺め。真ん中が宮之浦岳・左が永田岳・右が翁岳。

31_large ←西の方には口永良部島が浮かんでいます。2015年には全島避難指示が出るほどの噴火がありました。

10:21、黒味岳頂上をあとにします。

下りで地元の家族(夫婦&男の子)と思しき3名とすれ違いました。
黒味岳に登ってまた淀川口に下るとのこと。
それくらい黒味岳は魅力のある山だということです。
確かに素晴らしい眺めでした。
シャクナゲの時期はもっと素晴らしいらしいです。

20分ほどで黒味分れに戻り、寝袋食糧その他が入ったザックを拾ってまた歩き出します。

11:11、投石平。

32_large_20190906222601 33_large_20190906222601 ←投石平でも小休止。お腹もすいてきました。景色を眺めながらゼリードリンクでエンルギー補給。

投石平11:34発。

翁岳の直下の「最後の水場」あまり水が流れ落ちていなかったのでどうしようかと思いましたが、
さすがサコー岳園長「たまっている水を掬いましょう。それしかないですよ」
飲んでみると結構冷たくて美味い。

34_large ←宮之浦岳の頂上が少しずつ近づいてきます。

35_large_20190906223301 ←登山道は概ね整備されています。日本百名山であり、世界自然遺産でもあります。

36_large_20190906224701 37_large

38_large_20190907081901 ←あと1.4km。サコー岳園長の百名山完登ももうすぐ達成です。

39_large ←左の方に立っている岩が人間の顔に見えました。右には携帯トイレブース。少し雲が出てきましたが、頂上付近はまだまだ大丈夫のようです。

40_large ←振り返ると左から翁・安房・投石岳。

41_large ←頂上が近くなってくるとヤクザサが目立つようになります。

42_large ←何度も振り返る。

43_large_20190907224301 44_large ←栗生岳。「奥岳」と言われる屋久島中央部の山の名前は麓の集落の名前がついています。その昔は「御岳参り」と言って各集落がその名前の山に登って参拝をする風習があったそうです。

栗生岳発が13時頃。
13:18、宮之浦岳頂上に到着。
もちろんここは先頭をサコー岳園長に譲りました。

46_large ←日本百名山完登の瞬間のサコー岳園長。

49_large ←三角点にタッチしていただきました。211_large 212_large_20190909184701

そしてサコー岳園長がザックから「お手製横断幕」を取り出し、頂上に一人だけ残っていた鹿児島市内から来たという男性にシャッターをお願いしました。

Img_0155 Img_0156 ←サコー岳園長、百名山完登です。「お手製横断幕」はご自身で何かの印刷物の裏に手書きしたもの。知っていればこちらで用意させていただいたのですが・・・。

ちなみにたけぱぱは今回6回目の宮之浦岳頂上です。

落ち着いたところでお湯を沸かし、ラーメンを茹でます。
屋久島宮之浦岳の頂上で食べたラーメンは最高の味でした。いつものラーメンですが。

もう一度お湯を沸かし、コーヒーで「至福のひと時」。
こちらも最高でした。

213_large ←永田岳。屋久島第2の高峰。こちらは永田集落から仰ぐことが出来ます。宮之浦岳は麓の集落からは見えません。

14:05、宮之浦岳頂上をあとにします。

50_large ←焼野三叉路。永田岳への分岐です。いつかまた永田岳へ行くこともあるでしょう。今回はまっすぐ新高塚小屋を目指します。

51_large 52_large_20190909191401

53_large ←岩も木もそれぞれ屋久島っぽいなと思いました。

54_large_20190909192501 55_large ←平石岩屋。山で急に降られたら本当にここ避難するだろうなという空間でした。

56_large 57_large ←雲が海から上がってきました。この時点で15:10頃です。

58_large ←新高塚小屋mであと1.9km。

ここから少し先で思い切り転んで手をついてしまいました。
新しい靴だったのでそれが原因かとも思いましたが、よくよく足元を見るとズボンの裾が擦り切れて長い糸が一本出ており、それを反対の足で踏んだため、前につんのめったのだと思います。

59_large ←山で汲んだ水にこの粉を入れ、シャカシャカ振ると美味しいお茶になります。粉はサコー岳園長提供。先ほどの転倒で右手から少々血が出ましたので少し休憩して気を落ち着かせます。

60_large ←左:翁岳、右:宮之浦岳。

61_large ←新高塚まであと0.9km。

62_large 63_large ←ヒメシャラの樹に斜めからの陽が当たり、南国にいることを思い出させてくれます。

64_large 65_large ←16:18、新高塚小屋に到着。

小屋には我々の他には、ここまで前後して歩いてきた3名パーティ(女2・男1)と70歳前後と思われるお父さんの4名。
今日の新高塚は我々を含めて6名だけのようです。

タクシーの運転手さんが言っていた通り、小屋近くの水場は本当にチョロチョロと流れているだけでした。
1.5リットルの水筒に水をためるのに10分くらいかかりました。

214_large ←小屋前のテーブルを囲んで夕飯(私はほとんど飲みだけですが)。撮影してる私以外本日新高塚宿泊の5名全員が写っています。

サコー岳園長とまず焼酎で乾杯。
テーブルにいた他の4名に私から「本日ここにいるサコーさんが宮之浦登頂で日本百名山完登を達成されました」。
パチパチと拍手をいただきました。
皆さんから「何年かかりましたか?」など温かい言葉をかけていただきました。

うす暗くなるまで外で飲んでいました。
シカは現れませんでしたが、イタチらしき姿を見かけました。

小屋内に河岸を変えて飲みます。
サコー岳園長が用意してくれたランタンの灯りがありがたい。

夜は更けて・・・と言いたいところですが、サコー岳園長は19:20頃寝袋に入り就寝。

そのあとも一人飲み続けてメモ帳に日記を書きます。

書くことがなくなると昔のことを思い出します。

6年前はこういうルートで屋久島を歩いたっけな。
白谷小屋で夕飯を食べていたら「シカの林さん」が現れたっけ。
新高塚でも「林さん」が現れたっけな。
ヤクデンで三岳の一升瓶買おうとしたらまさとし(上ミノ)に止められて5合瓶にしたけど、やっぱり一升にして案の定足りなくなったけな。
8時(20時)過ぎたけど全然眠くないな。
明日の屋久島ユースホステル楽しみだな。
YHでおすすめの居酒屋に行ってみようかな。
6年前は平内(島の南部)にYHがあったのに、残念だな。
ジェラート屋さん(そらうみ)には今回は寄れないかな。
明日か明後日時間があれば屋久島環境文化村センターで大型スクリーンの映像(阿部寛ナレーション)が見たいな。
ヤクデン(島のスーパー)で買い物したいな。
6年前は空港近くの「イルマーレ」(イタリアンレストラン)に行ったっけな。
最初に屋久島に来た時にはいろいろと強烈な思い出があるなぁ・・・。

21時前には歯を磨いて寝たと思います。
寒くなく、シュラフにもぐらず上にかけて寝たようです。

「屋久島へ、2018年11月(本編・3日目)」へ続く>>>

 クリックしてくださると「9月は休みが多いので屋久島日記一気に書くぞ、おぉ!」 も喜びます。   

←「人気ブログランキング」へ飛ばないようでしたらコチラをクリックしてみてください。 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31